ERICH BERGEL 

INTERNATIONAL CONDUCTING COMPETITION

第二回エーリヒ・ベルゲル国際指揮コンクール
トゥルグ・ムレシュ州立フィルハーモニー管弦楽団がアルテス協会、クルト・マインド協会とTGムレシュ評議会と協力し、第2回「エーリッヒ・ベルゲル国際指揮者コンクール」の開催を発表しました。
このコンクールは2024年4月8日から12日までトゥルグ・ムレシュで開催され、ルーマニアで生まれ、指揮者としても教師としてもキャリアを世界中に広げた有名な指揮者エーリッヒ・ベルゲルの功績を讃えて開催されます。

規定
コンクールの形式
1.1 コンクールは、予備審査と本選の2つの主要な段階で構成
1.2 予備審査:2023年10月15日から2024年3月1日まで
1.3 本選:2024年4月8日から4月12日まで

参加資格
2.1 1974年10月15日以降に生まれた指揮者
2.2 1人以上の審査員の元生徒、および1人以上の審査員と親族関係または職業上の関係がある音楽家は、申請時に現在の状況を申告する必要があります。

コンクールの仕組み

予備審査
3.1 この段階はビデオ審査となります。候補者は、候補者の技量を示すビデオを1つ、審査員に送ります
3.2 あらゆる時代の作品で応募可能です
3.3 オリジナルのスコアまたは編曲で応募可能です
3.4 どのようなアンサンブル形式でも応募可能です
3.5 演奏会やリハーサルのビデオでも応募可能です
3.6 ビデオは制限なくストリーミングモードで再生できる必要があります(ダウンロードが必要な動画は受け付けられません)。
3.7 審査員全員が制限なく視聴できる限り、ビデオは非公開でも公開でも構いません(ビデオが始まる前に審査員の登録は求められず、広告も流れないようにしてください)

本選
4.1 本選はルーマニアのトゥルグ・ムレシュ州立文化ホールで開催
4.2 本選は一次予選、二次予選、セミファイナル、ファイナルで構成されます
4.3 各段階のレパートリーは、このページの下部にある付録Aに記載されています。

候補者審査合格
5.1 予備審査を合格した応募者には、2024年3月10日までに電子メールで通知され、その名前がコンテストのWebサイトおよびソーシャルメディアで公開されます。

 

賞品

6.1 優勝
⇨賞金 Lei 10,000.00
⇨ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ国立フィルハーモニー管弦楽団と来シーズン中に1回のコンサート
⇨イタリアのイ・ソリスティ・アクイラーニで来シーズン中に1回のコンサート
⇨ハンガリーのブダペスト交響楽団MAVと来シーズン中に1回のコンサート
⇨ロビー・ラカトスと彼のオーケストラの次の国際ツアーの指揮者としての仕事1件
⇨ブカレスト国立歌劇場(ルーマニア)の次のシーズンの副指揮者としての仕事1件
⇨正式な卒業証書

6.2 2位
⇨賞金 Lei 3,000.00
⇨ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ国立フィルハーモニー管弦楽団と来シーズン中に1回のコンサート
⇨ブルガリアのパザルジク交響楽団と次のシーズン中にコンサート1回
⇨正式な卒業証書

6.3 3位
⇨賞金 Lei 2,000.00
⇨正式な卒業証書

6.4 特別賞(特別賞は次の機構からセミファイナリストに送られます)
⇨イタリアのトスカーナ・クラシカ・オーケストラ
⇨ソウルの韓国国立管弦楽団
⇨スペインのアルメリア大学管弦楽団
⇨ルーマニアのブカレスト国立歌劇場
⇨オーケストラ賞:ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ国立フィルハーモニー管弦楽団と来シーズン中のコンサート1回

審査員
審査員のメンバー:
レベンテ・ジェルジ(ルーマニア)- トゥルグ・ムレシュ州立フィルハーモニー管弦楽団監督 – 審査員長
チキ・ボルディザー教授(ルーマニア)- 名誉会員
イボリャ・ベルゲル(ハンガリー)- エーリッヒ・ベルゲルの未亡人、名誉会員
ルチアーノ・アコチェッラ(イタリア)- シエナのアカデミア・キジアーナの教師
ジェヒ・パク(韓国 ) – フィルハーモニア・コリアおよびプライム・フィルハーモニックのコンサートマスター
マウリツィオ・コッチョリート (イタリア)- イ・ソリスティ・アクイラーニ芸術監督
ダニエル・ジンガ(ルーマニア ) – ブカレスト国立歌劇場総監督
ロビー・ラカトス (ルーマニア) – コンサートヴァイオリニスト
レンドヴァイ・ギョルジ(ハンガリー)- ブダペスト交響楽団MAV マネージング・ディレクター
ファン・ナバロ(スペイン) – アルメリア大学オーケストラの首席指揮者

応募
8.1 登録するには、この Web サイトの申し込みページからみ申し込みをする必要があります。
8.2 予備審査の申請フォームと書類は、2024年3月1日24:00 UTC (深夜) までに送信する必要があります。
8.3 予備審査の申込金は90ユーロです。
8.4 コンテストが中止された場合を除き、申込金は返金いたしません。
8.5 本選への参加が認められた候補者は、2024年3月14日までに参加費 400ユーロを支払う必要があります。
8.6 大会中止の場合を除き、参加費は返金いたしません。

最終審査発表
9.1 申請書を提出することにより、応募者は、ラジオ、テレビ、その他のメディア(インターネットなど)を介して写真および音声/ビデオ、画像が使用されることに同意したことになります。
9.2 応募者は、申請書を提出することにより、コンテストに関連する印刷出版物での名前と画像の使用に同意したものとみなされます。主催者は、候補者がメディアにとってコンテストを魅力的なものにするためのインタビュー、写真撮影、その他の活動に参加できることを期待します。
9.3 大会中止の場合を除き、いかなる理由があっても申込金及び参加費は返金致しません。法的紛争はルーマニアの法律に従ってトゥルグ・ムレシュ控訴裁判所で審判されます。

付録A – 本選のレパートリー

一次予選
4月8日(月)及び4月9日(火)
応募者は次の曲を準備する必要があります
ベートーヴェン:エグモント序曲 op.84
ベートーヴェン : 交響曲第1番 ハ長調 op.21、第1楽章 アダージョ・モルト~アレグロ・コン・ブリオ
モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 第1楽章 アダージョ~アレグロ

二次予選
4月10日(水)
応募者は次のリストから2つの序曲を選択する必要があります
ベートーヴェン:エグモント序曲 op.84
ベートーヴェン:レオノーラ3世序曲op.72b
ベートーヴェン:コリオラン序曲 op.62
モーツァルト:フィガロの結婚序曲
モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ序曲
モーツァルト:「魔笛」序曲
ヴェルディ:運命の力よりシンフォニア
ヴェルディ:ナブッコよりシンフォニア
ロッシーニ:『ラ・ガッツァ・ラドラ』よりシンフォニア
チャイコフスキー:ロミオとジュリエット幻想曲序曲
J.シュトラウス:「こうもり」序曲
ショスタコーヴィチ:祝典序曲 イ長調 op.96
二次予選の出場を許可された応募者は、指揮台に上がった時に、自分たちが指揮する序曲を知ることになります。

セミファイナル
4月11日(木)
応募者は次のリストから2つの交響曲を選択する必要があります
メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調「イタリア」
フランク:交響曲 ニ短調
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調op.68
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73
ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ長調 op.70
シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調
セミファイナルに進むことを認められた応募者は、指揮台に上がった時に交響曲のどの楽章を指揮しなければならないかを知ることになります。

ファイナル
4月12日(金)
応募者は次のリストから2つの交響曲を選択する必要があります
メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」
フランク:交響曲 ニ短調
ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73
ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ長調 op.70
シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調
ファイナルはリハーサルとファイナルコンサートで構成され、ファイナルコンサートはコンクールの一部です。応募者はリハーサルとコンサートの両方でのパフォーマンスに応じて審査されます。上位者はコンサート終了後に聴衆の前で発表されます。
ファイナルへの出場を認められた候補者は、セミファイナルの終わりにどの交響曲を指揮しなければならないかを知ることになります。

第二回エーリヒ・ベルゲル国際指揮コンクール
トゥルグ・ムレシュ州立フィルハーモニー管弦楽団がアルテス協会、クルト・マインド協会とTGムレシュ評議会と協力し、第2回「エーリッヒ・ベルゲル国際指揮者コンクール」の開催を発表しました。
このコンクールは2024年4月8日から12日までトゥルグ・ムレシュで開催され、ルーマニアで生まれ、指揮者としても教師としてもキャリアを世界中に広げた有名な指揮者エーリッヒ・ベルゲルの功績を讃えて開催されます。

規定
コンクールの形式
1.1 コンクールは、予備審査と本選の2つの主要な段階で構成
1.2 予備審査:2023年10月15日から2024年3月1日まで
1.3 本選:2024年4月8日から4月12日まで

参加資格
2.1 1974年10月15日以降に生まれた指揮者
2.2 1人以上の審査員の元生徒、および1人以上の審査員と親族関係または職業上の関係がある音楽家は、申請時に現在の状況を申告する必要があります。

コンクールの仕組み

予備審査
3.1 この段階はビデオ審査となります。候補者は、候補者の技量を示すビデオを1つ、審査員に送ります
3.2 あらゆる時代の作品で応募可能です
3.3 オリジナルのスコアまたは編曲で応募可能です
3.4 どのようなアンサンブル形式でも応募可能です
3.5 演奏会やリハーサルのビデオでも応募可能です
3.6 ビデオは制限なくストリーミングモードで再生できる必要があります(ダウンロードが必要な動画は受け付けられません)。
3.7 審査員全員が制限なく視聴できる限り、ビデオは非公開でも公開でも構いません(ビデオが始まる前に審査員の登録は求められず、広告も流れないようにしてください)

本選
4.1 本選はルーマニアのトゥルグ・ムレシュ州立文化ホールで開催
4.2 本選は一次予選、二次予選、セミファイナル、ファイナルで構成されます
4.3 各段階のレパートリーは、このページの下部にある付録Aに記載されています。

候補者審査合格
5.1 予備審査を合格した応募者には、2024年3月10日までに電子メールで通知され、その名前がコンテストのWebサイトおよびソーシャルメディアで公開されます。

 

賞品

6.1 優勝
⇨賞金 Lei 10,000.00
⇨ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ国立フィルハーモニー管弦楽団と来シーズン中に1回のコンサート
⇨イタリアのイ・ソリスティ・アクイラーニで来シーズン中に1回のコンサート
⇨ハンガリーのブダペスト交響楽団MAVと来シーズン中に1回のコンサート
⇨ロビー・ラカトスと彼のオーケストラの次の国際ツアーの指揮者としての仕事1件
⇨ブカレスト国立歌劇場(ルーマニア)の次のシーズンの副指揮者としての仕事1件
⇨正式な卒業証書

6.2 2位
⇨賞金 Lei 3,000.00
⇨ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ国立フィルハーモニー管弦楽団と来シーズン中に1回のコンサート
⇨ブルガリアのパザルジク交響楽団と次のシーズン中にコンサート1回
⇨正式な卒業証書

6.3 3位
⇨賞金 Lei 2,000.00
⇨正式な卒業証書

6.4 特別賞(特別賞は次の機構からセミファイナリストに送られます)
⇨イタリアのトスカーナ・クラシカ・オーケストラ
⇨ソウルの韓国国立管弦楽団
⇨スペインのアルメリア大学管弦楽団
⇨ルーマニアのブカレスト国立歌劇場
⇨オーケストラ賞:ルーマニアのトゥルグ・ムレシュ国立フィルハーモニー管弦楽団と来シーズン中のコンサート1回

審査員
審査員のメンバー:
レベンテ・ジェルジ(ルーマニア)- トゥルグ・ムレシュ州立フィルハーモニー管弦楽団監督 – 審査員長
チキ・ボルディザー教授(ルーマニア)- 名誉会員
イボリャ・ベルゲル(ハンガリー)- エーリッヒ・ベルゲルの未亡人、名誉会員
ルチアーノ・アコチェッラ(イタリア)- シエナのアカデミア・キジアーナの教師
ジェヒ・パク(韓国 ) – フィルハーモニア・コリアおよびプライム・フィルハーモニックのコンサートマスター
マウリツィオ・コッチョリート (イタリア)- イ・ソリスティ・アクイラーニ芸術監督
ダニエル・ジンガ(ルーマニア ) – ブカレスト国立歌劇場総監督
ロビー・ラカトス (ルーマニア) – コンサートヴァイオリニスト
レンドヴァイ・ギョルジ(ハンガリー)- ブダペスト交響楽団MAV マネージング・ディレクター
ファン・ナバロ(スペイン) – アルメリア大学オーケストラの首席指揮者

応募
8.1 登録するには、この Web サイトの申し込みページからみ申し込みをする必要があります。
8.2 予備審査の申請フォームと書類は、2024年3月1日24:00 UTC (深夜) までに送信する必要があります。
8.3 予備審査の申込金は90ユーロです。
8.4 コンテストが中止された場合を除き、申込金は返金いたしません。
8.5 本選への参加が認められた候補者は、2024年3月14日までに参加費 400ユーロを支払う必要があります。
8.6 大会中止の場合を除き、参加費は返金いたしません。

最終審査発表
9.1 申請書を提出することにより、応募者は、ラジオ、テレビ、その他のメディア(インターネットなど)を介して写真および音声/ビデオ、画像が使用されることに同意したことになります。
9.2 応募者は、申請書を提出することにより、コンテストに関連する印刷出版物での名前と画像の使用に同意したものとみなされます。主催者は、候補者がメディアにとってコンテストを魅力的なものにするためのインタビュー、写真撮影、その他の活動に参加できることを期待します。
9.3 大会中止の場合を除き、いかなる理由があっても申込金及び参加費は返金致しません。法的紛争はルーマニアの法律に従ってトゥルグ・ムレシュ控訴裁判所で審判されます。

付録A – 本選のレパートリー

一次予選
4月8日(月)及び4月9日(火)
応募者は次の曲を準備する必要があります
ベートーヴェン:エグモント序曲 op.84
ベートーヴェン : 交響曲第1番 ハ長調 op.21、第1楽章 アダージョ・モルト~アレグロ・コン・ブリオ
モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 第1楽章 アダージョ~アレグロ

二次予選
4月10日(水)
応募者は次のリストから2つの序曲を選択する必要があります
ベートーヴェン:エグモント序曲 op.84
ベートーヴェン:レオノーラ3世序曲op.72b
ベートーヴェン:コリオラン序曲 op.62
モーツァルト:フィガロの結婚序曲
モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ序曲
モーツァルト:「魔笛」序曲
ヴェルディ:運命の力よりシンフォニア
ヴェルディ:ナブッコよりシンフォニア
ロッシーニ:『ラ・ガッツァ・ラドラ』よりシンフォニア
チャイコフスキー:ロミオとジュリエット幻想曲序曲
J.シュトラウス:「こうもり」序曲
ショスタコーヴィチ:祝典序曲 イ長調 op.96                     
二次予選の出場を許可された応募者は、指揮台に上がった時に、自分たちが指揮する序曲を知ることになります。

セミファイナル
4月11日(木)
応募者は次のリストから2つの交響曲を選択する必要があります
メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調「イタリア」
フランク:交響曲 ニ短調
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調op.68
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73
ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ長調 op.70
シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調                         
セミファイナルに進むことを認められた応募者は、指揮台に上がった時に交響曲のどの楽章を指揮しなければならないかを知ることになります。

ファイナル
4月12日(金)
応募者は次のリストから2つの交響曲を選択する必要があります
メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」
フランク:交響曲 ニ短調
ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73
ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ長調 op.70
シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調                        
ファイナルはリハーサルとファイナルコンサートで構成され、ファイナルコンサートはコンクールの一部です。応募者はリハーサルとコンサートの両方でのパフォーマンスに応じて審査されます。上位者はコンサート終了後に聴衆の前で発表されます。
ファイナルへの出場を認められた候補者は、セミファイナルの終わりにどの交響曲を指揮しなければならないかを知ることになります。

INDIRIZZO

 

Tîrgu Mureș’ Palace of Culture, Piața Victoriei nr.1 

DATES

 

October 15th 2023: starts the registration period

March the 1st 2024: end of the registration period

April the 8th: start of the Final Phase

April the 12th: Final Concert and Award Ceremony

CONTACTS

 

Erich Bergel International Conducting Competition

Email: bergelcompetition@gmail.com

Tîrgu Mureș State Philharmonic

Piața Victoriei nr.1

540026, Tîrgu Mureș